手や爪などが酷似する

トップページ > ツインソウルの特徴とは > 手や爪などが酷似する

手や爪が酷似することは珍しい

ツインソウル同士の特徴として、手や爪の形が酷似することが挙げられます。手の形が似ているだけではツインソウルかどうかなんて分からないと思われるかもしれませんが、手が酷似しているというのは非常に珍しいこと。試しに身近な人と手や爪の形を比べてみてください。たとえ肉親でも、そっくりということはないでしょう。

元々は一つの魂だっただけあって、雰囲気やオーラも似るうことがあります。また、肌質や髪質、体格や顔のパーツのどこかがそっくりということも。この世に生まれるときに別々の肉体に魂を宿すとはいえ、共通する部分が体に現れてしまうのです。しかし、ツインソウルかどうかを見極めるには手や爪が似ているかが重要のようです。

ツインソウルとの再会はいつ?
あなたの幸せ見つけます
ツインソウルを探してもらう

手の形が似る理由は?

手というのは物を作り出すためには重要な役割を担いますよね。それはスピリチュアルでも同じこと。手というのは、魂の情報を読み取る役割もあるのです。天からのエネルギーを受信するため、そのエネルギーの特徴が手の形に現れます。ツインソウルの場合は、同じ性質のエネルギーを受信するので、自然と手が似てしまうということです。

人によっては天のエネルギーを受信する体の部位が違うことがあります。そのため、手以外の部位が似ることがあるということなのです。もしあなたが誰かと出会ったときに体に衝撃が走ったら、その相手の手などを自分のと比べてみるといいかもしれません。その人がツインソウルかもしれませんよ。