ツインソウルの夫婦の特徴

トップページ > ツインソウルと結婚するために > ツインソウルの夫婦の特徴

大きな安心感に包まれる夫婦の絆

元々一つだった魂が二つに分かれ、それが別々の人格として生きている二人、「ツインソウル」ですが、そんな二人が巡り合い再び結婚という形で一つとなった場合、以下のような特徴があります。ツインソウルの結婚は、二人の魂が、人生の途中で予定通りに出逢い、結婚することで「肉体は二つ、魂はひとつ」という、一心同体の夫婦として生きていくことです。ツインソウルの夫婦の大きな特徴として、お互い大きな安心感で強く結ばれていて、余計な気を使わないでいられます。なぜならば、それはもともとはひとつの魂がふたつに分かれたにすぎないからなのです。

ですが、ツインソウルだけれども、性格や、趣味などの好み、主義主張や価値観までもが、一致しているわけではありません。元々は一つの魂でしたが、それらのほとんどが、生まれた後の土地柄や家庭の環境、両親からの教育、出会って来た友人や恋人たちなどの諸要因によって、生まれた後に形成されていったものであり、生まれる前からある「魂としての個性」をそのまま人格として反映させたものではないからです。

むしろ性格や価値観がまったく違うのに、「何故かほかの人とは比較できないほど大きな理屈を超えた安心感」で結ばれているということです。お互いに相手に対して絶対的な信頼を抱いていますので、いつもありのままの自分でいることができ、しかもその信頼関係を維持するための、努力するを必要さえもありません。ただただ、いつも通り、ありのままでいるだけで、お互いに不思議なほど惹かれあっていくことでしょう。