真実の自分と向き合う

もどかしい思いを解消したいなら、自分自身を見つめる

二つ目に上がる試練は「真実の自分と向き合う事」です。
この試練の最終目標である「魂の成長」のためには避けては通れない道であり、自分自身の恐れと正面から向き合わなくてはなりません。

例えば、自分の気持ちを伝えられない事に苦しんだり、寂しさや孤独を感じたりといった「こうしたら嫌われるんじゃないか?」と不安になってしまったり、ちょっとの事ですぐ嫉妬をしてしまいます。こういった不安な気持ちや孤独感、寂しさ、嫉妬という感情が、何倍にもなってわいてきてしまうのです。

苦しい気持ちから逃げ出したくても、すでに巡り会ってしまったツインソウルは魂が強烈に惹かれ合っているので、諦めたくても、忘れたくてもどうにもできない感情の起伏に悩むことになるでしょう。

今までに大抵の問題や困難を淡々とクリアできていた人は、逆に今まで経験の無い、説明しようのない感情の嵐に苦しむことになるでしょう。

では一体このもどかしい辛い状況をどう解決すればいいのでしょうか?

ずばりそれは、一度自分自身と向き合う。これしかありません。
自分の思っていること、感じている事と向き合て、いつの日か「気付き」を得ることで、少しづつ少しづつ恐れを手放してゆくことができるのです。

ネガティブな感情に捕らわれ続け、相手の意見ばかり気にしたり、心から相手を思いやる事が出来なくなると、相手よりも自分の方が大切だと感じ、自分か相手、どちらかがいつも苦しみます。
どんな状況であっても、「相手も自分と同じように、私を愛してくれている」と信じて思いやりや感謝の心を持つ事が大切なのです。